本文へスキップ

会話サポートシステム  

伝助

 
病院で先生の話しが聞き取れない。そんな時、プライベートの会話を聞き取りやすく優しくサポートします。

 
ここがすごい!!
音量を大きくすることなく相手の声がくっきりと聞こえる
周囲に音が拡がらないから安心して聞くことができる
バッテリー内蔵でどこでも使える
テレビやラジオにも接続できてはっきりと聞こえる

 
映像1 映像2 映像3
製品紹介 課題と解決法 使用事例
音声情報明瞭システム
 

皆伝

 

 
防災無線などの公共放送の音声を聞き取りやすく補正するシステムです。現行機材をそのまま活用して音声情報を明瞭にします。

 

ここがすごい!!
既存の放送機材に簡単に増設することができる(工事時間30分)
音量を大きくしなくても館内放送がくっきりと聞こえる
マイク入力対応なのでどんな設置環境にも対応できる

こんな場所で使われます
病院や公共機関の待合室、館内放送(非常放送設備・防災放送)
学校や集会場、駅や空港、イベント施設など人が青くて騒音が大き
な場所
また、電車やバスの車内アナウンスや、選挙カーなどの街頭放送車
にも応用できます。

映像1 映像2 映像3
製品紹介 課題と解決法 使用事例
コールセンターサポート
 

電電(?)

 

オペレーターの最大のストレスは聞き取りです。電電は電話での会話音声を聞き取りやすく変換します。

オペレーターさんは、お客様の声を正確に聞き取るために耳に集中しています。会話の内容によっては聞き返すことが難しいことも少なくありません。「もう一度言ってください」はNGワードなのです。また、お客様に正確に情報を伝えるために発声に注意し聞き取りやすいことばを選んで話しています。そのために業務に就く前に話し方の研修を重ねています。しかし、聴き取りについては電話機器の性能に依存するほかありません。

このシステムは現行のオペレーションシステムの受話器部分に組み込むことで、相互に会話を明瞭に届けることができるようになります。

運用中でも設置できます。簡単な作業で、電話での会話がくっきりと明瞭になります。高齢で電話の会話に不安がある方にも、はっきりと情報を届けることができます。また、オペレーターのストレスを軽減することにもなります。

(2020年春発売予定)

 
 ※ 耳守研究会は、上記の音声補正システムの開発に企画の段階から開発サポートしております。

ページトップへ




耳守研究会
Safe Listening Lab
市民公益活動団体


mimimori.com

COPYRIGHT [C] ACROSS INC. ALL RIGHTS RESERVED.