本文へスキップ

インフォメーション  

学校(教員)や音楽関係者(指導員や音楽家)、公共機関の環境改善担当者の方への音の勉強会を実施しています。普段の生活の中で、あまり気にすることのない「聞こえ」について少しだけ興味を持っていただければ、将来難聴になるリスクを少しでも減らすことができると思います
また、正しい音の聴き方は、日々の生活習慣改善やコミュニケーションの基本を学ぶことにもなります
音楽や運動系の部活指導時のオリエンテーションに聴覚についての注意事項を教えることも大切です
音楽関係だけでなく、福祉や社会環境改善、外国語のヒヤリング力の向上にも応用できます

  
聞こえについての講座をご検討されている方や、聞こえ改善商品の開発サポートなど、音に関するご相談はメールにて問合せください。
  
  
渡邉 秀雄プロフィール 耳守研究会代表 
東芝音響事業部を経てボーズ社に入社。プロ機器からコンシューマー、カーオーディオなど幅広い製品開発に携わる。その後、音響設計事務所にて音響空間を学びスタジオやイベントホール等の音響設計に関わる。
1995年、有限会社アクロス設立。店舗の音響設計や音響機器の開発監修に携わる。
2011年、東日本大震災発生時の情報障害問題を知り放送設備の音声伝達明瞭化の研究を始める。これまでに高齢者会話支援システムをはじめとする音環境の改善に関する製品の開発に携わる。
2016年、ヘッドホン難聴問題と高齢者の聴こえの問題をサポートすることを目的に「耳守会」を設立する。
2017年、市民公益活動団体「耳守研究会」発足。聴こえに関する様々な情報を配信。千葉県柏市を中心に音に関するセミナー「みみのはなし」を定期開催する。また、ヘッドホン難聴や音楽活動と難聴についての講座を開催し、「外傷性音響難聴予防」と「音楽家のための聞こえの知識」等聞こえに難する自主予防啓発活動を行っている。



耳守研究会は聴こえについて3つの提案をします
□ 好きな音楽をずーっと聴ける耳守習慣
校や音楽サークルなどに訪問して音楽の聴き方や耳を休める方法など聴こえについて知ってもらう活動をしています
□ 高齢者や弱難聴者の聞こえの改善
難聴と認知症の関係、耳鳴りやまめいなどを改善する生活習慣を提案。また、会話を支援する機器の開発などを紹介しています
□ 情報障害をつくらない音環境改善
非常放送をはじめ病院や交通機関などの音声放送を明瞭化する機器を開発。騒音等聞こえを妨げる環境の改善を提案します






イベントカレンダー  

※現在、定期セミナーは休止しております
再開決定次第掲載させていただきます


終了したイベント
2019年5月12日(日)   柏市民活動フェスタ 2019
2019年6月3日(月)   流山市民フェスタ 2019
2019年6月30日(日)  
福祉フェア出展
2019年7月26日(金) 第1回みみのはなし(アミュゼ柏)
2019年8月6日(火) 第2回みみのはなし(アミュゼ柏))
2019年9月6日(金) 第3回みみのはなし(アミュゼ柏)
2019年10月3日(木) 第4回みみのはなし(アミュゼ柏))
2019年11月13日(木) 第5回みみのはなし(アミュゼ柏)
2019年12月10日(木) 第6回みみのはなし(アミュゼ柏)
2020年1月23日(木) 第7回みみのはなし(アミュゼ柏)
2020年2月11日(火) 第8回みみのはなし(アミュゼ柏)
2020年3月23日(火) 第9回みみのはなし(アミュゼ柏)


耳守研究会について  

<名称>

市民公益活動団体 耳守研究会 (Safe Listening Lab )

<代表者>

渡邉 秀雄
 
〈連絡オフィス〉
千葉県流山市松ヶ丘1-476-106-103 〒270-0141
TEL: 070-1250−2020
mail: info@mimimori.com

http://www.mimimori.com


<活動内容>

□ 音・聴覚についての勉強会 (聞こえに関する正しい知識を知る)
□ 安全な音との関わり方を知る(音楽を聴く・演奏する・スポーツなどの観戦時の注意等)
□ 音楽やスポーツイベント会場等の音響サポート
□ 日常生活の中での音環境の改善(騒音対策法)
□ 聴覚障害者への情報障害サポート(高齢者や難聴者とのコミュニケーション)



ページトップへ


耳守研究会
Safe Listening Lab
市民公益活動団体


mimimori.com


COPYRIGHT [C] ACROSS INC. ALL RIGHTS RESERVED.